のんびり子育て、楽しく育児!

7年以上続けている日記サイトから、妊娠・出産・育児に関する記事を抜き出しました。
初めての出産を控えた方や、初めて育児をする方へ。少しでも私の体験記録がお役に立ちますように…
笑門来福。笑う門には福来る!ニコニコ笑いながら楽しく子育てしちゃいましょう!
 
Categorys
妊婦・出産・育児の悩みや料理の口コミ満載 ウィメンズパーク
妊娠中のこと、出産・出産後の準備など気になることを情報交換はこちら
0〜6カ月のお子さんを持つママさんが情報交換をする会議室はこちら
7〜11カ月のお子さんを持つママさんが情報交換をする会議室はこちら
1歳児ママのためにご用意した情報交換の会議室はこちらから
2歳児ママのためにご用意した情報交換の会議室はこちらから
妊婦・出産・育児の悩みや料理の口コミ満載 ウィメンズパーク
妊婦・出産・育児の悩みや料理の口コミ満載 ウィメンズパーク
Other

8W2D (3ヶ月) 抱っこの力

私が抱っこや体を使って思いっきり遊べない分、旦那が頑張って息子の面倒をみてくれているのですっかりパパっ子になった息子。
少し前までは息子に対してきつく怒ることが多かった旦那だけれど、息子が安心してパパの近くにいられるように怒る回数も減った。もちろん怒らなければいけないときには怒るけれど、感情的な怒り方ではなく、諭すような注意の仕方になってきている。
仕事で疲れて帰ってきたときにイライラを押さえて息子と接するのは容易なことではない。
でもその旦那の頑張りのおかげで息子は今まで以上にパパっ子になった。
今まで寝かしつけの時には私でないと絶対寝なかったのに、最近では私がお風呂に入っている間に旦那と二人で寝ていることもある。

「抱っこ」はとても単純な動作だけれど、そこに秘められた力は大きい。
夜泣きをしたとき、息子は旦那に向かって両手を伸ばして抱っこをせがむ。
私が抱っこできないことを分かっているので、私の隣で寝ていても旦那に抱っこをせがむのだ。
旦那は、次の日仕事で朝が早いのに起き上がって息子を抱っこしてくれる。
抱っこされた息子はしばらくすると落ち着いて私の隣でまた眠りについていく。
時にはそのままパパの隣で眠ることもある。
とにかく、抱っこされると安心するようだ。

寝不足の状態で仕事に行くと、当然普通に仕事をするより疲れる。
その状態で帰宅して元気いっぱいの息子の相手をするんだから、更に疲れがたまるよね。
せめて夜だけでもたくさん寝てもらおうと思い、旦那だけ2階のベッドで寝たらどうかと提案したことがあったのだけれど、旦那は息子のためにも1階でみんなと一緒に寝ると言ってくれた。
旦那の体が心配だけれど、息子のためにはそれで良かったと思う。
私も悪阻で辛いけど、旦那も頑張ってるんだから乗り越えなくちゃね。
妊娠・出産。妊婦の記録 >  →2人目

↓私も入ってます!無料登録なのでオススメです♪

ウィメンズパーク-ベネッセ-